protect

制震+耐震・構造 Protect

地震に強い家づくり。
「耐震最高等級3」の基準をクリアし、
制震技術をプラスすることで、
大切な家族や財産を守ります。
住宅性能表示の最高等級を取得した住まいです

ユーセイでは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく評価方法基準1-1耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)に定められている「等級3」を取得。これは、阪神・淡路大震災クラスの1.5倍の揺れでも倒壊しない水準に相当します。この地震の揺れを受け止めて耐える住まいをつくるために、地盤・基礎・構造それぞれの段階で、様々な水準をクリア。建築前には入念な地盤調査を行い、地耐力を明らかにした上で、基礎工事に着手します。構造については、筋違や構造用合板を用いた耐力壁を適切に配置。さらに、地震の力を受け止める剛床工法や強固な接合金物を採用し、耐震性に優れた構造体を実現しております。

一邸ごとに構造設計、厳しい強度チェックを実施

木造の2階建て住宅は構造計算が義務付けられていませんが、ユーセイでは、一邸ごとに細かな構造設計を実施。自社検査や第三者機関による検査等、数多くの強度チェックを経て、確かな品質のものしか建てることができない仕組みを確立し、安心の住まいをお届けしております。

住宅性能表示等級(国土交通省指定)

地震に対する建物の強さは「耐震等級」で表されます。「耐震等級1」は、建築基準法で決められた最低限の強さであり、「耐震等級2」は「1」の1.25倍、「耐震等級3」は、同じく1.5倍の強さを示します。ユーセイでは、この中で最高等級である「耐震等級3」を標準として設計を行います。

壁を増やしたり、固くしたりして
地震の揺れに「耐える」

地震エネルギーを「吸収」して
揺れを抑える

【住友ゴム工業製】ユーセイオリジナル
制震ダンパー
X(クロス)-PROTECT

繰り返す巨大地震に効果を発揮するX-PROTECT。
高減衰ゴムの力で地震の揺れを吸収・低減し、住宅の損傷を大幅に抑えます。

熊本地震相当波、阪神淡路大震災相当波にて実大振動台実験で実証。
※住友ゴム工業の2017年京都大学防災研究所、
2016年富山県農林水産センター・木材研究所での実験結果による。

振動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変換する

地震時の振動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変換して吸収する、特殊な高減衰ゴムの性能を利用したX-PROTECT。軽量コンパクトで施工性に優れながら、巨大地震の揺れを抑制し、さらに、繰り返し発生する巨大地震にも効果を発揮。大切な住まいと、皆様の生活を守る制震装置です。

実大振動台実験グラフ

1 高減衰ゴムが地震の揺れを吸収します

内蔵されている高減衰ゴムが変形することで、地震の運動エネルギーを熱に変え、建物の損傷を大幅に抑えます。また、60年間※経過しても性能がほとんど変わらず、効果を発揮することを確認しています。
※住友ゴム工業の促進劣化試験の結果による。

2 熊本地震で発生した震度7クラスの地震に耐えられる

実大振動台実験にて、熊本地震級の前震の地震波と本震の地震波を2回加えても倒壊しないことが実証されています。

3 高い設計自由度を備えた制震装置

住宅のデザインや間取りなど、設計の自由度を損なうことがありません。

基礎・構造 Foundation & Structure

安心の基本構造は、住まいづくりの礎です。

私たちが暮らす日本は、阪神・淡路大震災や東日本大震災、
近い将来予測される東南海・南海地震等、常に地震の脅威と隣り合っています。
ユーセイは、生活の基盤となる住宅に携わる企業として、
これまで以上に社会的責任を果たしていかねばなりません。
阪神・淡路大震災相当の揺れでも倒壊しない耐震性を追求し、
様々な自然災害から、かけがえのない命や大切な資産を守り、
家族の将来を託せる安心の住まいづくりで、皆様の信頼にお応えして参ります。

地盤調査と建物検査により、
安心の土台を築きます

頑丈な基礎は住まいづくりの基本です。
地盤が弱いと、家が傾いたりする「不同沈下」が発生し、
耐震性以前に欠陥となってしまいます。
そこで、地盤を入念に調査し、
その土地に合った最適な基礎工事を施しております。

建物の重量を全体で支える鉄筋コンクリートベタ基礎

鉄筋を建物下の地盤全体に配筋し、そこに底盤厚150mm分のコンクリートを流し込む基礎工法。地震や台風等の衝撃を効果的に地盤へ逃がすとともに、地面を鉄筋コンクリートで覆っているので、防蟻対策としても有効です。

床下の湿気を換気する基礎パッキン工法

基礎と土台の間にパッキンを取り付けることで、従来工法の1.5~2倍の換気性能を発揮し、湿気のこもりやすいコーナー部分もしっかりと換気。基礎部分の強度を損なわない工法であるとともに、土台が基礎コンクリートと接触していないため、土台の耐久性も向上します。

剛床構造や耐力壁が確かな耐震性を発揮

厚さ24mmの構造用合板を用いた剛床構造で、水平剛性がアップ。さらに、構造用合板の耐力壁をバランス良く配置し、剛性と耐震性に優れた住まいを実現しております。

基礎と構造を緊結構造接合金物

柱と梁、筋違が交差する部分は、羽子板ボルトや筋違金物等、各種金物で固定。基礎と構造体はアンカーボルトやホールダウン金物で強固に接合し、台風時の強風や地震の揺れ等、横からの力による建物の浮き上がりを防止します。

安心・信頼 confidence

地盤

長期の補償で生涯の安心を。20年地盤補償 「地盤ロングライフ補償®制度」

生涯に亘るリスクをカバーできる延長補償制度

万が一不同沈下が発生した場合には、初期補償として20年間・最高5,000万円まで建物の損害等を賠償致します。 以後、20年ごとの定期点検・更新(有料)により、補償を生涯に亘り更新することができます。

地盤品質証明」を発行

国内大手損害保険会社の引き受けによる安心の地盤品質証明。1物件ごとに大手損害保険会社より付保証明書を発行することができます。

※付保証明書の発行には事前のお申込みが必要です。

建物

住まいの安心と安全を保証・サポート。10年建物保証

保険への加入

売主等が倒産していて修補が行えない場合等は、保険法人に直接保険金を請求することができます。

対象となる瑕疵担保責任の範囲

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としております。

紛争処理について

住宅瑕疵担保責任保険(1号保険)に加入している新築住宅において、請負人・売主と、発注者・買主との間で紛争が生じた場合、指定住宅紛争処理機関(弁護士会)による紛争処理手続き(あっせん、調停または仲裁)を利用することができます。
※付保住宅の事故に関する保険金お支払いについて保険法人と紛争が生じた場合、一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会に設置される審査会に審査を請求することができます。詳細・条件等はユーセイまでお問合せ下さい。